ファッション情報のことならフェアシュテン

女優、アンジェリーナ・ジョリーとは

アンジェリーナ・ジョリーはアメリカのハリウッド女優です。
今回は何かと話題なアンジェリーナ・ジョリー
(アンジー)の魅力を余すことなくお届けします!

 

アンジーの生い立ちは?
アンジェリーナ・ジョリーはアメリカカリフォルニア州ロサンゼルス州で俳優の父、女優の母から生まれました。
しかし生後一年ほどで両親が離婚、
母親に引き取られましたが学生時代は貧乏だったことや外見などでいじめなどにあい、辛い10代をおくったようです。
現在は実子、養子をふくめ六人の子供がおり、
三人目の夫のブラッド・ピットと離婚、六人の子供の
親権問題で世間を賑わせています。

アンジーの素晴らしい一面
アンジーは「ソルト」「マレフィセント」などたくさんの
映画の主演をしている他に、慈善家としても有名です。
きっかけは映画「トゥームレイダーの」撮影でカンボジアを訪れたことのようで、たくさんの資金援助のほかに
現在15歳のマドックスくんをカンボジアから、12歳のパックスくんをベトナムから、11歳のザハラちゃんをエチオピアから養子に迎えています。
また、実子のシャロンちゃんが2006年に生まれた際にはその写真を4億で、2008年にノックスくんとヴィヴィアンちゃんを生まれた際には11億で売りにだし、そのお金を全て寄付したそうです。
なかなかできることではありませんよね。

趣味は?
そんなアンジーの趣味はなんとナイフを集めること!
昔14歳の彼氏と合意の上でナイフで傷つけあった
ことがきっかけだそうで、中世ルネサンスのナイフを
中心にコレクションしてるそうです。

 

現在三人目の夫のブラッドピットと離婚し子供の親権で
もめているアンジーですが、今現在では六人の子供は
アンジーの監護の元で父親とのセラピー的面会を
続けることという条件で合意に至ったそうです。
女優での活動のみならず、プライベートでの
アンジーの活動にも注目です。


関連ページ

キャンディス・スワンポール
国内、海外のアパレル情報
スカーレット・ヨハンソン
国内、海外のアパレル情報
ジェシカ・アルバの魅力
ジェシカ・アルバの挑戦★ ◆子役から10億ドル企業の経営者へ〜 その美貌と抜群のスタイルから 「セクシー女優」というイメージが定着していたジェシカ・アルバ。 しかし現在は、女優としてのキャリア以上に エコ幼児用品を企画・販売する「The Honest Company」の経営者として 世界中から注目される存在になっています。 人気女優やモデルがファッションブランドとコラボ、 またはプロデュースなどする例は世界中多くありますが、 ジェシカのように本格経営し、成功することは稀なケース。 その成功までの道のりを支えたジェシカ・アルバの 精神力とポリシーに迫ります。 ◇5歳から女優を目指す ジェシカが女優を志したのは5歳の頃だといいます。 11歳の時から演技の勉強を始め、 12歳の時にはタレント・オーディションに応募し、 1500名の中から優勝者に選ばれます。 それから連日8時間授業の演劇スクールに8か月間かけて通う毎日。 ジェシカの父は退役軍人で母は専業主婦だったため、 あまり家計が裕福ではなく、ジェシカはアルバイトをして スクールまでの交通費を賄ったとか。 それでも休まず、演劇スクールに通い続けたのは 後年ジェシカがメディアのインタビューで語っていた、 「自分のルックスなら、ハリウッドで成功できる」という 自信があったからではないでしょうか。 ◇13歳で映画デビュー 幸運は思わぬ早さでやってきます。 1994年13歳で映画デビュー、当初は脇役での出演予定でしたが、 主役の女優が降板したため、急遽主役級のキャストに変更となります。 ここにも実力だけではない幸運があったのでしょう。 そのあと、いくつかの映画やテレビドラマでのキャリアを積み、 1999年公開のドリュー・バリモア主演のラブコメ『25年目のキス』と ホラー・コメディ『アイドル・ハンズ』で注目を集めるようになります。 ◇大ブレイクは19歳 2000年19歳の時、当時『タイタニック』の大ヒットで 世界で最も注目されていたジェームズ・キャメロン監督の 製作総指揮のテレビドラマ『ダーク・エンジェル』のオーディションで 約1200人の中から勝ち抜き、見事主役マックス役の座を得て、 大ブレイクを果たします。 この頃、日本はまだ韓流ブーム前で 『アリー・マイ・ラブ』、『フレンズ』、『セックス・アンド・ザ・シティ』などの アメリカ製作のドラマが徐々に浸透してきた頃。 『ダーク・エンジェル』も注目され、ヒロイン役のジェシカに注目が集まります。 その美貌と若さ、そして抜群のスタイルが人気の的になります。 また、役の上での恋人役だったマイケル・ウェザリーと交際し婚約にいたり、 ファンはその美男美女カップルに思い入れを強めます。 しかし2003年には破局となり、ファンはショックを受けますが、 敬虔なカトリック信者の家庭に育ったジェシカは22歳にして 価値観の違う男性との結婚はできない、という しっかりした将来展望を持っていたのです。 ◇「セクシー女優」、ファッションアイコンとして有名に 『ダーク・エンジェル』が2シーズンで終了した後のジェシカには、 映画のオファーが殺到します。 そのグラマラスなスタイルや父親がメキシコ系アメリカ人で ジェシカもその血を感じさせる容姿だったことから、 「セクシー」、「ラテン系」の配役が多く、 そのイメージが不愉快だった、と現在のジェシカは語っています。 肌の露出の多い役でも絶対にフルヌードにはならない、というポリシーを 持ってオファーを受けていたようです。 またファッションセンスの良さからファッションアイコンとして 日々パパラッチに追われる存在になります。 ジェシカ自身はファッションに関して、「本当に良いもの、着心地のいいもの」を選び、 「超ミニのショートパンツは履かない」というルールがあり、 ここにも彼女のポリシーがうかがえます。 ◇プライベートの充実 2004年に映画『ファンタスティックフォー』知り合った、 撮影技師のキャッシュ・ウォーレンとの交際が始まります。 若手女優や二世セレブが俗にいうイケメン俳優やモデル、または大富豪と 交際、破局を繰り返し、ゴシップ誌を賑わす中、 業界人とはいえ、失礼ですが決してイケメンとは言えないウォーレン氏との交際は世間を驚かせます。 しかもジェシカの一目惚れで、会った瞬間に「この人と結婚する!」と直感したそうです。 交際は順調に進み、2008年5月27歳でウォーレン氏と結婚、 同年長女を、また2011年には次女を出産します。 出産後すぐに体型が元に戻ったことに同世代の母親たちは驚きました。 ジェシカが口にしていたのが「仕事があるから」という言葉に またしてもジェシカの意識の高さを感じます。 仕事復帰への意欲の強さ、モチベーションの高さから、 ヘルシーな方法で一気に18キロもの減量に成功したジェシカ。 そこに迷いや妥協は一切感じられません。 ◇起業のきっかけは育児から ジェシカが現在経営している「The Honest Company」は エコ幼児用品を企画、販売する会社ですが、 これは自身が産まれてくるわが子のために 安全で健康的な環境を整えたいと考え、 有害物質や合成香料などの入っていないベビー用品を探していたところ、 信頼に足る製品は全くと言っていいほど、見つからなかった経験からです。 きっとこれまでも、多くの女性が同じような不満を持ちながらも 既存の製品で我慢してきたのだろう、 そう気づいたジェシカは、自分が起業すべきだと決意してそうです。 「女性たちにパワーを与えたかった。彼女たちが何を買うか、 その選択がどれだけ重要かをわかってほしかった」 そう語るジェシカの「The Honest Company」は現在、 推定時価総額10億ドルとも言われています。 単なる幸運や努力では勝ち取れない現在の成功、 そこには女性としての自信と、揺るぎないポリシーを感じます。
シャーリーズ・セロン
シャーリーズ・セロン〜実力派女優に至るまでの道 女優、シャーリーズセロンと言えば、2003年映画『モンスター』で その年のアカデミー主演女優賞を始め、賞を総なめにした誰もが認める実力派女優です。 身長177cmのすらりとしたスタイル、非の打ちどころのない気品溢れる美貌、 美しいブロンド、誰もが憧れる容姿を持つ彼女ですが、 決して順風満帆な人生を送ってきたわけではありません。 シャーリーズ・セロンの実力派女優に至るまでの道のりをお話します。 ◇生い立ち シャーリーズ・セロンは1975年、南アフリカ共和国で生まれました。 当然、母国語はアメリカーンス語、現在流暢に話す英語は 幼い頃、アメリカやイギリスのテレビ番組を観て覚えたというから、驚きです。 父親は当地で道路建設会社を経営していましたが、 アルコール依存症で会社は経営不振、 そして酔った父は母に暴力をふるう毎日だったといいます。 シャーリーズが15歳の時、いつものように酔った父が 今度は娘であるシャーリーズに暴力をふるおうとし、 彼女を守るために母が父を射殺するという事件が起きました。 母は裁判で正当防衛が認められて、罪に問われることはありませんでしたが、 このことがトラウマになったことは想像にかたくありません。 ◇バレエの道を志す 16歳の時、地方のモデルコンテストで優勝し、1年ほどモデルとして活動しますが、 幼い頃からバレエのレッスンを受けており、 17歳の時にバレエ学校に通うため、ニューヨークに移住します。 バレエに打ち込む毎日でしたが、 不運にも膝を痛め、バレエの道は諦めざせるを得なくなりました。 落ち込んでいるシャーリーズの元に母が南アフリカから来て 彼女にこう言います。 「どうするの?次のステップに進む?それとも家に帰る?」 この母の気丈さがシャーリーズに受け継がれ、そして勇気づけられたのだと思います。 ◇女優への道 天性の美貌は挫折しても彼女を次のステージに進ませてくれました。 バレリーナの道を諦め、今度は女優を目指すため、彼女はロスに行きます。 ロスでの生活は苦しく、いつも困窮していたといいます。 しかし、ある日転機が。 銀行窓口で小切手が現金化できないトラブルが起こり、 ぎりぎりの生活だったシャーリーズは銀行内で行員と口論になります。 その現場に居合わせたのが、ハリウッドでも有数のエージェント、 ジョン・クロスビーでした。 その美貌に目をとめたクロスビー氏によって、 シャーリーズの女優への道が拓けた瞬間でした。 ◇女優としてのキャリアが始まる 1997年シャーリーズは22歳で映画「2 days トゥー・ディズ」でデビューします。 そしてまたしてもその美貌が注目され、主役級の映画のオファーが殺到します。 ただそのルックスから、「ブロンド美人」というイメージが定着し、 同じような役が続き、そういったステレオタイプが 歯がゆかったというシャーリーズ。 ◇転機となった作品に巡り合う 2003年28歳の時、映画『モンスター』のオファーが舞い込みます。 実在した元娼婦、アイリーン・ウォーノスの生涯を描いた作品で、 シャーリーズはまずこの役を演じるにあたり、 アイリーン本人の人生と運命に対する共感と尊敬の念を持つように 努めたといいます。 生きるため、愛する人のため、連続殺人という大罪を起こし、 「モンスター」と呼ばれたアイリーン、 環境や状況は全く違いますが、自分を守るため、 娘の父親である夫を射殺したという母への深い思いがあったのかもしれません。 そして、役作りのためハリウッド一の美貌と言われていた容姿をかなぐり捨て、 10キロ以上体重を増加させ、眉毛を全て抜いて撮影にいどみます。 驚くことに撮影終了後、徹底したダイエットとワークアウトで わずか4週間で14キロの減量に成功します。 このシャーリーズの女優生命をかけた体当たりの演技は絶賛され、 彼女は『モンスター』でアカデミー賞主演女優賞を始め、 数々の賞を総なめにします。 オスカー像を手にしたシャリーンはスピーチで母親に向けてメッセージを送ります。 「この世界で私の夢をかなえるためにいつも多くのことを犠牲にしてくれたお母さん、 言葉にできないくらい愛してるわ。本当にありがとう。」 オスカー獲得は、10代の頃から悲劇や苦難を一緒に乗り越えてくれた母への 最高のプレゼントだったことでしょう。 ◇実力派女優としての地位を確立 オスカー受賞後もシャーリーズは着実に女優として活動していきます。 役作りのためスキンヘッドにしたり、ハードな筋トレを行い筋肉質な体作りをするなど、ストイックに役に挑んでいきます。 もうそこにはただのブロンドのアイドル女優としての姿はありません。 2008年には国連平和大使に任命され、 プライベートでは未だ未婚ですが、二人の子を養子として受け入れています。 2015年、インタビューに彼女はこう語っています。 「自分の人生には深いトラウマとなる経験、出来事があったという自覚が私にはあった。それが何らかの形で今の私を形成している」 シャーリーズ・セロン、現在41歳、美貌はますます磨かれ、 これからの活躍にも期待です。
ミーガン・フォックス
国内、海外のファッション情報、海外有名人の ライフスタイル情報、モデル、美人アスリートの紹介 をしています☆
アリシア・ヴィキャンデル
国内、海外のアパレル情報
ロージー・ハンティントン・ホワイトリー
国内、海外のアパレル情報

海外の女優 モデル ファッション通販♪ 世界のブランド イベント&ニュース